lemon seiko の happy diary


Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
RECOMMEND
トリオ’64+8
トリオ’64+8 (JUGEMレビュー »)
ビル・エヴァンス・トリオ
1. リトル・ルル
2. ア・スリーピング・ビー
3. オールウェイズ
4. サンタが街にやってくる
5. また会いましょう
6. 神に誓って
7. ダンシング・イン・ザ・ダーク
8. エヴリシング・ハプンズ・トゥ・ミー
9. リトル・ルル(別テイク)
10. 同
11. オールウェイズ(別テイク)
12. また会いましょう(別テイク)
13. マイ・ハート・ストゥッド・スティル
14. オールウェイズ
15. また会いましょう
16. マイ・ハート・ストゥッド・スティル(フォールス・スタート)
内容(「CDジャーナル」データベースより)
ゲイリー・ピーコック唯一の参加となったトリオの隠れ名盤が再発売。TVアニメのキャラクターをモティーフにした「リトル・ルル」や「サンタが街にやってくる」などハート・ウォームな選曲もいい。

ムーンビームス
ムーンビームス (JUGEMレビュー »)
ビル・エヴァンス
1. リ・パーソン・アイ・ニュー
2. ポルカ・ドッツ・アンド・ムーンビームス
3. アイ・フォール・イン・ラヴ・トゥー・イージリー
4. 星へのきざはし
5. イフ・ユー・クッド・シー・ミー・ナウ
6. 春の如く
7. イン・ラヴ・イン・ヴェイン
8. ヴェリー・アーリー
Amazon.co.jp
『ワルツ・フォー・デビィ』や『サンデイ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード』といった名盤に象徴されるように、当時のビル・エヴァンス・トリオのクリエイティビティは頂点に達していたが、ベーシストのスコット・ラファエロの事故死によって音楽活動を休止してしまう。その後、新メンバーとなるチャック・イスラエルを迎えて吹き込まれたのが本作だ。
アルバム全体に横溢するリリシズムはエヴァンスならではのものだが、その頂点をなすのが『アイ・フォール・イン・ラアブ・トゥー・イージリー』。サミー・カーンとジュール・スタインが映画『錨を上げて』のために書き下ろした曲を、穏やなタッチでありながら随所に情念をしのばせる、彼の最も代表的な演奏だ。
『星へのきざはし』やミュージカル映画『ステート・フェア』の主題歌『春のごとく』ではジェントルかつメロディアスな彼のピアノソロを堪能できる。特に後者の淡いタッチから浮かび上がる、その美しい旋律には思わずため息がでるほど。アルバム最後の曲はエヴァンスのオリジナル作品で、代表曲『ワルツ・フォー・デビィ』同様のジャズ・ワルツ。(坂本良太)
内容(「CDジャーナル」データベースより)
リリカルなタッチと優れたハーモニー・センスで耽美的なバラッドの世界を描き出すビル・エヴァンス。ピアノ・トリオでエヴァンス独特のスタイルを確立した彼の屈指の名作。

インター・プレイ+1
インター・プレイ+1 (JUGEMレビュー »)
ビル・エヴァンス
1. あなたと夜と音楽と
2. 星に願いを
3. アイル・ネヴァー・スマイル・アゲイン(テイク7)
4. インタープレイ
5. ユー・ゴー・トゥ・マイ・ヘッド
6. 苦しみを夢に隠して
7. アイル・ネヴァー・スマイル・アゲイン(テイク6)
内容(「CDジャーナル」データベースより)
トリオでの作品が多かったビル・エヴァンスであるが、新しい展開を求めクインテットでの録音を行なった。フィリー・ジョーがメンバーをインスパイアする好プレイが印象的。


At the Montreaux Jazz Festival (Dig)
At the Montreaux Jazz Festival (Dig) (JUGEMレビュー »)
Bill Evans
1. Spoken Introduction
2. One For Helen
3. A Sleepin' Bee
4. Mother Of Earl
5. Nardis
6. Quiet Now
7. I Loves You, Porgy
8. The Touch Of Your Lips
9. Embraceable You
10. Someday My Prince Will Come
11. Walkin' Up
Amazon.co.jp
エディ・ゴメス(B)は66年にビル・エヴァンス・トリオに参加。彼はエヴァンスとラファロが築き上げたスタイルをきっちり踏襲し、以後11年の長きにわたってエヴァンスの女房役をつとめる。ドラムスは、現代ジャズ界最高のドラマーであるジャック・デジョネット。エヴァンスより15歳ほど年下の、若手2人は本盤録音時点ではまだまだ無名。後にコンテンポラリー・ジャズ界を背負って立つ2人のはつらつとしたプレイと、それに刺激されいつになく力強いタッチのエヴァンス。
さらに、世界有数のジャズ・フェスティヴァルでのライヴという付加価値が加わり、稀にみる名演が生まれた。ハイライトは愛奏曲<4>で、生涯で最もパワフルな演奏になっている。多くの名作ライヴ盤を生んだ同フェスティヴァル、その最初の名盤。ジャケット写真に写るのは、会場のすぐ近く、スイス・レマン湖のほとりに建つ古城。本作は「お城のエヴァンス」としてファンに親しまれる。(高木宏真)

Affinity
Affinity (JUGEMレビュー »)
Bill Evans,Toots Thielemans
1. I Do It For Your Love
2. Sno' Peas
3. This Is All I Ask
4. The Days Of Wine And Roses
5. Jesus' Last Ballad
6. Tomato Kiss
7. The Other Side Of Midnight (Noelle's Theme)
8. Blue And Green
9. Body & Soul
内容(「CDジャーナル」データベースより)
エバンス・トリオとハーモニカ奏者の共演。この意外な取り合わせが思わぬ効果を生み出した佳作のひとつ。トゥーツの柔和な楽想が影響してか,エバンスのピアノは雄大でロマンチックな世界を描く。こうしたアルバムでエバンスに入門するのも悪くないはず。

On Green Dolphin Street
On Green Dolphin Street (JUGEMレビュー »)
Bill Evans
1. You and the Night and the Music
2. My Heart Stood Still
3. On Green Dolphin Street
4. How Am I to Know?
5. Woody 'N You [Take 1]
6. Woody 'N You [Take 2]
7. All of You
Amazon.co.jp
エヴァンスは白人として初めてマイルス・デイヴィスのグループに参加した。そしてポール・チェンバース(B)、フィリー・ジョー・ジョーンズ(Ds)とリズム隊を形成する。ニューヨーク最高のリズム隊は、ロサンゼルスからやって来た人気者チェット・ベイカーのレコーディングにも参加。その後、エヴァンスはこのリズム隊のみでレコーディングに臨んだ。バド・パウエルからの影響がまだ色濃く残っているピアノは黒人らしい力強いビートを刻む2人に鼓舞され、エヴァンスにしてはハードバップなピアノ・トリオを聴かせた。後世に多大なる影響を及ぼす「エヴァンス・トリオ・スタイル」だが、この時点ではまだ完成しておらず、非常に貴重な演奏であるといえる。
<1>はエヴァンスの代名詞、<3>はエヴァンスの十八番。<1>が代表曲となったのは、かつてCMで使われたからだが、意外にもレコーディング数は少ない。そういう意味でも貴重な、隠れた名盤である。(高木宏真)

Alone
Alone (JUGEMレビュー »)
Bill Evans
1. Here's That Rainy Day
2. A Time For Love
3. Midnight Mood
4. On A Clear Day (You Can See Forever)
5. Never Let Me Go
6. Medley: (Previously Unreleased) All The Things You Are/Midnight Mood
7. A Time For Love (Alternate-Previously Unreleased)
Amazon.co.jp
ビル・エヴァンスは、この時代では珍しく、56年のデビューアルバムからソロピアノ演奏を録音している。69年にはソロピアノのフルアルバムをリリース。ジャズスタンダードというより、ポップなナンバーを弾く。
アナログLP時代には、B面すべてを占める14分にも及ぶ『ネヴァー・レット・ミー・ゴー』に驚かされた。前衛でもないソロ演奏が10分以上続くのは異例であるが、エヴァンスの演奏に難解なところはない。共演者がおらず、事前に打ち合わせする必要のないソロ演奏だからこそ、気分次第で演奏を続けることも可能だ。
途中でテンポやリズムパターンを変える、Key(調性)を変えるといったことも思いのままである。イメージがいろいろ広がり、そのために演奏時間が長くなる。それまでの常識では考えられなかったアルバムだが、内容のすばらしさでグラミー賞では最優秀ソロイスト賞を獲得する。(高木宏真)
Explorations
Explorations (JUGEMレビュー »)
Bill Evans,Scott LaFaro
1. Israel
2. Haunted Heart
3. Beautiful Love (Take 2)
4. Beautiful Love (Take 1)
5. Elsa
6. Nardis
7. How Deep Is The Ocean
8. I Wish I Knew
9. Sweet & Lovely
10. The Boy Next Door
Amazon.co.jp
ビバップ~ハード・バップ時代のジャズ・ピアノは、右手でメロディを弾き、左手でコードを押さえるバド・パウエルのスタイルが基本形だった。しかし、ビル・エヴァンスは両手を自在に使い、マイルスが夢中になったモード・ジャズをピアノに移植、それまで聴かれなかったような斬新な演奏を行った。
また、パウエル型のトリオでは、ベーシストとドラマーは主役のピアニストをサポートする脇役にすぎなかったが、59年に結成したエヴァンスのトリオ(ベースはスコット・ラファロ、ドラムスはポール・モチアン)は、3者が対等の関係でインタープレイを行った。
エヴァンスのトリオは、何もかもが新しかった。その最初の成果を記録した作品が59年録音の『ポートレイト・イン・ジャズ』。本作は同じコンセプトによる61年の作品で、「ナーディス」「ハウ・ディープ・イズ・ジ・オーシャン」といった人気曲も演奏しており、エヴァンス・トリオのすばらしさを満喫できる名作だ。3人が互いのアイディアを交換しながら進めていく緊密な演奏が、スリリングであり感動的。(市川正二)
You Must Believe in Spring
You Must Believe in Spring (JUGEMレビュー »)
Bill Evans
1. B Minor Waltz (For Ellaine)
2. You Must Believe In Spring
3. Gary's Theme
4. We Will Meet Again (For Harry)
5. The Peacocks
6. Sometime Ago
7. Theme From M*A*S*H (aka Suicide Is Painless)
8. Without A Song
9. Freddie Freeloader
10. All Of You
Amazon.co.jpより
このビル・エヴァンスはどうしようもなく悲しい。悲しいだけでなく、悲しさを昇華した美しさに魅了される。エレイン夫人が亡くなったのは1976年。翌77年には音楽教師だった兄ハリーが自殺している。そうした私生活上の不幸な出来事が本作に不安な影を投げかけているのだ。実際1曲目のワルツはエレイン夫人に捧げる曲だし、4曲目はハリー追悼曲で、その曲名は「フォー・オール・ウィ・ノウ」に登場する“ウィ・メイ・ネヴァー・ミート・アゲイン”という歌詞に由来する。なんでもエヴァンスはロバータ・フラック&ダニー・ハサウェイのデュエットによる「フォー・オール・ウィ・ノウ」をハリーに聴かせてもらったことがあるのだという。共演はエディ・ゴメスとエリオット・ジグモンドで、本作はゴメスが参加した最後のアルバムでもある。
Waltz for Debby
Waltz for Debby (JUGEMレビュー »)
Bill Evans,Scott LaFaro
1. My Foolish Heart
2. Waltz for Debby (Take 2)
3. Waltz for Debby (Take 1)
4. Detour Ahead (Take 2)
5. Detour Ahead (Take 1)
6. My Romance (Take 1)
7. My Romance (Take 2)
8. Some Other Time
9. Milestones
10. Porgy (I Loves You, Porgy)
Amazon.co.jpより
スコット・ラファロ(B)とポール・モチアン(Dr)を擁するビル・エヴァンス・トリオは、ライヴ活動を通じて互いの音楽的信頼感を高めてきた。結成後1年半たった61年6月25日、ニューヨークの名門ジャズクラブ「ヴィレッジ・ヴァンガード」に出演し、歴史的ライヴ録音を行った。
スタジオ録音にはないスリリングな名演となったが、この10日後スコット・ラファロが他界。本トリオの正式なライヴ録音は、ラファロ追悼盤の『サンディ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード』と本盤のみ。それでも本盤が、すべてのジャズアルバムのなかで、ソニー・ロリンズの『サキソフォン・コロッサス』と並んで最高の人気盤であるのは、内容がすばらしいからである。
オープニングのバラード<1>は果てしなく美しい。タイトル曲<2>は、エヴァンスの兄娘デビイのために書かれたワルツだ。生涯を通じて何度も演奏される曲だが、ここでの演奏が最高。(高木宏真)

ポートレイト・イン・ジャズ+1
ポートレイト・イン・ジャズ+1 (JUGEMレビュー »)
ビル・エヴァンス
このアルバムには2種類の「枯葉」が収められていて、録音日は両者とも同じ日付でありながらも、片やモノラル、片やステレオ録音されています。そうなった理由はどうやら、当日の録音機材の故障で、たまたま2種類のテイクが運よく残されることになったということですが、両テイクとも今までに、この上も無いほど絶賛されてきました。
魅惑のトリオ ご紹介
category: Jazz Live | author: lemonseiko
0

    喫茶れもん

    先日の火曜日、魅惑のトリオのライブがありました。
    バンドマスターはベースの新吾ちゃん。
    今回はピアノに沢森さん。
    ドラムは成田久人さんです。
    成田さん弘前市で『炉辺』という津軽の郷土料理のお店の経営者でいらっしゃいます。


    もう一人、+1でトランペットの樋口容人さんが青森市からゲストとして参加して下さいました。
    樋口さんは青森市の幸畑団地でレストランを経営なさっていらっしゃるそうです。
    comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
    荒武裕一朗トリオSession〜♪
    category: Jazz Live | author: lemonseiko
    0
      6月5日

      演奏者の方々 ピアノ・ベース・ドラム・アルトサックス・クラリネット・フルート
      日頃れもんで演奏して下さっている面々と弘前大学ジャズ研究会のメンバーと多くのミュージシャンで盛り上がりを見せています。


      ヴォーカルの方々も女性が4名・男性が1名とセッションに花を添えて下さって…♪


      セッション前の昼下がり、子供たちを前に…

      二日間、とても楽しいライブとセッションでした。
      年内にもう一度来たいです…と言いつつ東京に帰って行きました。


      喫茶れもん 明日のJazzLive
      ★10日(金) 18:30start no charge
       『 Page One 』 JazzLive ♪
       田中正昭(as) 前田静子(p) 安藤大二(b) 工藤けんぢ(ds)

      ★明後日、11日はれもん土曜日セッションを行います。
       演奏者の方々は楽器をお持ちになってご参加下さい。

      喫茶れもん
      036-8214
      青森県弘前市新寺町1−34
      0172-33-9359
       

      喫茶れもん 6月の休業日
      6日(月) 13日(月) 19日(日) 20日(月) 26日(日) 27日(月) 28日(火)


      comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
      魅惑のトリオ
      category: Jazz Live | author: lemonseiko
      0


        喫茶れもん

        『 Trio Fascination 』
        Fascinasionとは…魅惑・魅了・魅力という意味だそうです。
        魅惑のトリオ…魅力的なネーミングのピアノトリオが誕生しました。

        ピアニストに青森の貴子ちゃんが参加してくれています。
        新しいれもんには初めてのお目見えでしたが、
        以前と変わらずお元気な様子で、力強くパワフルなプレイで魅了していました。
        弘前時代のファンの方々や、青森からのファンの方々など沢山の観客で盛り上がりを見せていました。

        バンドマスターはベースの新吾ちゃん、
        バンマス振りがすっかり板について、MCにも力が入っていました。

        ドラムには花田くん、
        れもんジャズシーンでは色んなバンドに引っ張りだこの人気ドラマーでございます。


        Lemon Special JazzLive 2days ♪
        『 荒武裕一朗 Trio 』
        荒武裕一朗(p) 松岡俊輔(b) 力武 誠(ds)
        2Days Special Jazz Live
        6月4日(土)Jazz Live
        19;00start チケット¥3000(ドリンク別)
        6月5日(日)Live & Session
        19;00start チケット¥2000(ドリンク別)
        チケット好評発売中でございます。

        喫茶れもん
        036-8214
        青森県弘前市新寺町1−34
        0172-33-9359
         


        comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
        れもんSpecial Jazz Live 2days ♪
        category: Jazz Live | author: lemonseiko
        0
          喫茶れもん
          Lemon Special JazzLive 2days ♪
          『 荒武裕一朗 Trio 』
          荒武裕一朗(p) 松岡俊輔(b) 力武 誠(ds)

          2Days Special Jazz Live
          6月4日(土)Jazz Live
          19;00start チケット¥3000(ドリンク別)

          6月5日(日)Live & Session
          19;00start チケット¥2000(ドリンク別)

          喫茶れもんではすっかりお馴染みになりましたジャズピアニストの荒武裕一朗さんがトリオでお越し下さいます。
          二日間のJazzLiveとJazzsessionに、是非ともお越し下さいませ。
          スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

          チケット好評発売中でございます。

          喫茶れもん
          036-8214
          青森県弘前市新寺町1−34
          0172-33-9359
           

          喫茶れもん 5月の休業日
          9日(月)・10日(火)・16日(月)・22日(日)・23日(月)・30日(月)
          comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
          初めてのバンド
          category: Jazz Live | author: lemonseiko
          0
             

             

            喫茶れもんに初めてお越し下さいました、
            西弘前にあります、弘前大学Jazz研の学生イさん達がよく行っていますJazzのお店、Jazzroom UNION のマスター木村鯛貴さんのバンド『 鈴木トリオ+3 』
            いつものれもんのライブとはまた違った演奏スタイルで、
            楽しいものでした。
            思いのほかにお客様も沢山来てくださって、盛り上がりました。

            comments(2) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
            年忘れジャムセッション
            category: Jazz Live | author: lemonseiko
            0


              喫茶れもん

              昨年、大晦日の夜11時から、
              喫茶れもん、すっかり恒例になりました年忘れジャムセッションが
              行われました。



              ご覧のように
              沢山の演奏者・ヴォーカリスト・お客様・初詣帰りの方々など等、
              賑々しく2011年の幕開けジャムセッションが明け方まで続きました。

               

              お里帰り:
              写真左
              実家の旭川に帰らず、弘前に帰って来てくれました、
              かつて内山善雄JazzForum21のレギュラーピアニストで
              弘大ジャズ研OBの『 竹内貴広くん 』
              写真右
              現在、東京在住で地元弘前にお里帰りしていました、
              ドラマー『 米澤ジョンくん 』
              comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
              Jazz Live・レディースデイ・・・♪
              category: Jazz Live | author: lemonseiko
              0

                 
                喫茶れもん、
                この日のお客様は何故か全員女性の方でした。
                こんな日もあるんですねぇ〜〜みたいな。
                男性 男 は演奏している4人だけです。

                ケーキを食べて、コーヒーを飲んで…♪ ニコニコ
                ミラノ風ピザを食べて、ワインを飲んで…♪ OK
                パスタや生ハムサラダを食べて、ビールを飲んで…♪ YES!
                それぞれのテーブルで生演奏を聴きながら楽しい時間を過ごして
                いただきました♪ ワッ!



                飛び入りで、minakotyan 女 が何曲か歌って下さり、
                凄い盛り上がりようです 拍手 拍手 拍手


                喫茶れもん、間近のJazzLive ♪〜♪
                ★12月23日(木) 19:00 start no charge
                 内山善雄 JazzForum21 Christmas特集

                ★12月24日(金)19:30start no charge
                ★ Page One ★
                 田中正昭(as) 前田静子(p)
                 安藤大二(b) 花田 崇(ds)

                ★12月25日(土)19:30start no charge
                 土曜日クリスマスセッション



                喫茶れもん
                036-8214
                青森県弘前市新寺町1−34
                0172-33-9359


                comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
                秋の夜長に・・・♪
                category: Jazz Live | author: lemonseiko
                0
                   

                  喫茶れもん

                  先日の16日でした。
                  エラ斎藤さんと板谷 大さんの DUO LIVE が開かれました。
                  沢山のお客様で、賑わいました。

                  Georgia on my mind
                  Misty
                  Summer Time
                  など、れもんのJazzVocalSessionで御馴染みの曲を次々に歌って下さいました。

                  ヴォーカルのエラ斎藤さんは、娘さんが弘前に住んでいて度々れもんのJazzLiveにお出で頂いてるご縁で今回のライブが実現しました。
                  お母様がジャズヴォーカリストなんて、いいですねぇ〜〜。
                  それと、エラ斎藤さんは札幌で JAMUSICA (ジャムジカ)というお店を開いていて、現在は息子さんが引き継いでいらっしゃるそうです。
                  ご自分のお店でピアノの板谷大さんと歌っていらっしゃったんですね。

                  喫茶れもん
                  036-8001
                  青森県弘前市新寺町1−34
                  0172-33-9359


                  レストラン ポルトブラン http://porte.bonjoyinc.com/
                  株式会社 工藤工務所 http://kudou-k.com
                  ホームページ制作会社 株式会社 Bonjoy http://bonjoy.net/index.html



                  comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
                  イブシ銀の世界が・・・♪
                  category: Jazz Live | author: lemonseiko
                  0
                    喫茶れもん



                    ようこそ喫茶れもんへ

                    先日、喫茶れもんでSpecial Jazz Live が…♪〜♪
                    味わいのいぶし銀、とでも申しましょうか、
                    世界中の有名ミュージシャンと共演している超ベテランのベーシスト
                    中山英二さんにお越し戴きました。
                    若手ジャズピアニストの森丘ヒロキさん・
                    若手サックス奏者の加藤大智さんとともに、
                    200年前のものなんですよ…と、いかにも使い込まれているウッドベースを
                    大切そうに抱えて…♪



                    中山さんのオリジナルを交えて、大人の雰囲気を醸し出す
                    素晴らしい演奏、ベテランの味わいをご披露して下さいました。

                    喫茶れもん
                    036-8001
                    青森県弘前市新寺町1−34
                    0172-33-9359


                    レストラン ポルトブラン http://porte.bonjoyinc.com/
                    株式会社 工藤工務所 http://kudou-k.com
                    ホームページ制作会社 株式会社 Bonjoy http://bonjoy.net/index.html



                    comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
                    ビル・エバンスの世界
                    category: Jazz Live | author: lemonseiko
                    0
                      喫茶れもん

                      昨年と変わらずお元気なお姿を見せて下さいました。
                      北條直彦先生と本庄重紀さんでございます。
                      20日、喫茶れもんで『ビル・エバンス』の世界を披露して下さいました。

                      北條先生がお出でになるならと、ご両親と旦那様を誘ってきて下さった
                      ファンの方もいましたし、
                      北條先生の大ファンなんです〜…と、真っ先にチケットを買って下さった
                      ピアニストの方もいたりで、超満員になりました。

                      北條先生・本庄さん、
                      20日の朝、新しい喫茶れもんの店内に入るなり
                      「やぁ〜、いいお店ですね〜」
                      ホットコーヒーを飲んで、市内観光に出掛けました。

                      夕方、5時40分頃に
                      再び… 喫茶れもんに…
                      入念にサウンドチェックをして、ここは音がいいですね〜
                      ピアノは弾きいいし…
                      非常に演りやすいですよー!
                      と褒めていただきました。

                      サウンドチェックが終ったところで、
                      ようこそれもんへ…の心を込めて
                      ウエルカムシャンパンでカンパ〜イ!!



                      そうして始まった、
                      一曲目、誰もが知っている曲、「酒とバラの日々」
                      昨年・一昨年の感動を再び感じることが出来る幸せ…
                      れもんJazzシーンのリーダーでありますう〜さんを交えたこのトリオの大人な演奏に、うっとりしてしまいます。



                      1st Stage
                      1. The Days of Wine and Roses
                      2. Ladies in Mercedes
                      3. Polka Dots and The Moonbeams
                      4. In Your Oun Sweet Way
                      5. 竹田の子守唄〜宵待ち草
                      6. Spain

                      2nd Stage
                      1. Beautiful Love
                      2. So in Love
                      3. The End of Summer
                      4. Homage To Bill Evans
                      5. Alice In Wonderland
                      6. Canception

                      アンコール:この季節にピッタリの曲
                       Autumn Leaves

                      素晴らしい演奏でした。
                      来年また来させて下さい、とおっしゃって下さいました。
                      是非是非お越し下さいませ。
                      れもんの皆さんと楽しみにお待ちしております。

                      この素晴らしいトリオのセッティングに奔走して下さった
                      我らがう〜さん!
                      お疲れ様でした。
                      いつもながらに、感謝、感謝でございます。



                      喫茶れもん
                      036-8001
                      青森県弘前市新寺町1−34
                      0172-33-9359


                      レストラン ポルトブラン http://porte.bonjoyinc.com/
                      株式会社 工藤工務所 http://kudou-k.com
                      ホームページ制作会社 株式会社 Bonjoy http://bonjoy.net/index.html
                      comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
                      new old
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENTS
                      RECENT TRACKBACK
                      LINKS
                      PROFILE
                      OTHERS
                      SEARCH